モノを買って節税


節税の方法の1つは、経費を増やすことです。
その経費を増やすために、モノを買えば節税になります。
IMG 8407

モノを買うとお金が出ていく

たとえば、1万円のモノを買えば、1万円の経費が増えます。
同時に、1万円のお金が出ていきます。

ひとり社長の場合、1万円の経費を増えれば、30%の3,000円の税金が減りますが、お金は1万円出て行くわけです。

3,000円の節税

1万円の支払

差し引きで7,000円のお金が出ていきます。

これをしっかり頭に入れておきましょう。

必要なモノは買う

無駄なモノを買っていれば、
7,000円のお金が出て行きます。

節税できるからといって、やみくもに買い物をすれば、お金はたまりません。

節税するために事業をしているのでしょうか?

たしかに、税金はムダに思えます。
何に使っているかわかりませんし、ニュースを見ると腹立たしい使い道をしていることもあります。

税金に対する感情を捨てないと、お金はたまりません。

仕事に必要なモノ、支出は遠慮なくやり、残ったらしぶしぶ税金を払うくらいがちょうどいいのです。

30万円以上は経費にならない

ただし、気をつけなければいけないことがあります。
30万円以上(青色申告の場合)のモノを買っても一度に経費にできません。

35万円のパソコンを買ったら、4年間でちょっとずつ経費にしていきます。

1年目は17万円
2年目は9万円
3年目は5万円
4年目は4万円
という感じです。

これは、1年目の期首(事業年度の最初の月。3月決算だと4月)に買った場合で、もし、3月決算で3月に買ったら、

1年目は1.4万円しか経費にできません。

30万円未満のPCを買ったほうが節税になるのです。

ただ、仕事に30万円以上のPCが必要なら、節税と関係なくそれを買いましょう。

節税のために行動をまげてはいけません。
節税のために仕事をしているのではないのですから。

他の部分でいくらでも節税できる部分はあります。

ちなみに私が買ったPC(MacBookPro)は、29万円ちょっとでした。
ぎりぎりセーフです。