ひとり社長の節税

>

退職金を出して節税?

自分が退職したときに退職金を出せば、会社の節税にもなり、個人の節税にもなります。退職金が税金上優遇されているからです。 退職金を出せるかどうか 退職金を会社から出せるかどうか? 現実的にはかなり難しいでしょう。 1,00 ...

続きを読む

社員旅行で節税?

利益が出たときに社員旅行をすれば、節税もでき楽しめます。 社員旅行で節税 利益が300万円出たときに、社員旅行へ行き、100万円使えば、 100万円×40%=40万円 の節税となります。 (税率を40%とした場合) いい ...

続きを読む

社会保険料で節税

ひとり会社でも社会保険料加入は義務です。 むしろ節税と考えてみましょう。 社会保険の負担は重い 社会保険料とは、健康保険、介護保険、厚生年金保険のことです。 (一人社長自身は雇用保険に入れません) 社会保険料は給料の額に ...

続きを読む

ボーナスを出して節税

社長、つまり自分にもボーナスを払うことはできます。 ただし、条件を満たしていなければいけません。 社長(役員)へのボーナスは、経費にならない 利益が出たら、ボーナスを払えば節税になります。 利益が1000万円なら、100 ...

続きを読む

前払いで節税

お金を払えば、経費になって節税になる。 必ずしもそうではありません。 利益が出そう。なら買っちゃおう 利益が出そう・・・。 経費を増やさなきゃ。 そんなときに、モノを買っちゃえば、経費が増えると思われるかもしれません。l ...

続きを読む

売上を上げない節税

売上を上げると、税金は増えます。 税金を減らすには売上を減らすことも考えましょう。 利益が増えれば税金も増える 税金は利益により計算します。 税金を減らす、つまり節税の方法の1つは、利益を減らすことです。 利益は、売上ー ...

続きを読む

退職金を積み立てて節税ー小規模企業共済ー

ひとり社長でも退職金を積み立てて節税できます。 退職金は節税になる・・・けど 退職金は会社も個人も節税になります。 ・会社から退職金を払えば経費になり節税 ・個人は退職金で受け取ると、給料よりも優遇されているので節税 い ...

続きを読む

iDeCo (イデコ)=個人型確定拠出年金で節税

国の制度で、退職金を積み立てられるものもあります。 それがiDeCo (イデコ)=個人型確定拠出年金です。 60歳まで引き出せない貯金で節税 DeCo (イデコ)=個人型確定拠出年金は、個人で掛金を払える国の制度です。 ...

続きを読む

経営セーフティ共済で一時的な節税

経営セーフティ共済という国の制度を活用すれば、一時的に節税はできます。 経営セーフティ共済とは 経営セーフティ共済とは、国の制度で月20万円まで掛けることができ、最大800万円(40ヶ月)まで積み立てることができます。 ...

続きを読む

売上の基準を見直して節税

会社の数字の中で最も大きい売上。 これをどう考えるかで節税額が変わります。 売上が最も大きい数字 会社の数字は例えばこうなっています。 売上高    10,000,000 売上原価    7,000,000 売上総利益 ...

続きを読む