iDeCo (イデコ)=個人型確定拠出年金で節税

>


国の制度で、退職金を積み立てられるものもあります。
それがiDeCo (イデコ)=個人型確定拠出年金です。

EX IT 2

60歳まで引き出せない貯金で節税

DeCo (イデコ)=個人型確定拠出年金は、個人で掛金を払える国の制度です。
掛金を受け取ったときは、退職金として税金が優遇されます。

・個人で掛け金を払ったときに経費になり節税
・退職金として受け取ったときにも節税
・掛け金を運用したときの利益にも税金がかからず節税

と、いいことづくめです。

ただ、デメリットとしては、原則として60歳まで引き出せません。

ひとり社長なら月2万3000円、年27万6000円まで掛けられる

掛金は、ひとり社長(企業型確定拠出年金に入っていない場合。通常入っていません)なら、月2万3000円、年27万6000円です。

給料によると、このくらい節税になります。
EX IT 1

節税しながら60歳以降の資金作りをできるお得な制度です。

iDecoは投資よりも節税効果を重視

掛金は、運用でき、場合によっては利益が出ます。
100万円の掛金が、110万円になることもあるのです。

ただ、一方で、90万円になる、つまり元本割れすることもあります。

掛金を、預金、債券、投資信託などどの商品を買うかで、その結果は変わるのです。

リスクをどれだけとるかにもよりますが、投資効果よりも前述した節税効果を重視しましょう。

投資効果を考えなければ、増えもしない減りもしない預金にかけておけばいいわけです。

私の場合は、少しだけ投資効果も得つつ、年27万6000円の満額を掛けています。
最近は、掛金累計額プラス5,000円程度の運用成績です。

By