社会保険料で節税

投稿日:

ひとり会社でも社会保険料加入は義務です。
むしろ節税と考えてみましょう。
EX IT

社会保険の負担は重い

社会保険料とは、健康保険、介護保険、厚生年金保険のことです。
(一人社長自身は雇用保険に入れません)

社会保険料は給料の額によって変わります。
おおむね、給料の15%と考えましょう。

東京都・40歳以上の場合、
20万円の給料で、社会保険料は約3万円
30万円の給料で、社会保険料は約4.4万円
40万円の給料で、社会保険料は約6万円
50万円の給料で、社会保険料は約7.4万円
100万円の給料で、社会保険料は約11.2万円
です。

同じくらいの金額を会社負担として支払います。;
自分と会社で考えると、
20万円の給料で、社会保険料は約6万円
30万円の給料で、社会保険料は約8.8万円
40万円の給料で、社会保険料は約12万円
50万円の給料で、社会保険料は約14.8万円
100万円の給料で、社会保険料は約22.4万円
です。

社会保険に入らずに済むか?

こういった負担を嫌って、社会保険に入っていないケースも見受けられます。
これまではそれほど締め付けが厳しくなかったので、正直それで済んでいました。

ただ、最近は、社会保険加入をすすめる動きが活発になっています。
法律上は、社会保険加入が義務ですので、まだの方は入るようにしましょう。

社会保険料で節税と考えよう

社会保険料は、前述のとおり、個人(自分)と会社で半分ずつ負担します。
会社からは法定福利費という項目で経費になるのです。

経費が増える、つまり節税となります。
個人から差し引かれる社会保険料も、所得税の計算上全額差し引くことができるので、節税の1つです。

こう考えておき、節税をしながら、将来の備えをすると、前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

社会保険料は、
・扶養親族がいくら増えても同額
・給料60.5万円をこえれば、年金が一定になる(H28年度は56364円)
・将来の年金受取額は国民年金よりも多い
といったメリットもあります。;