税金で気をつけたい「以上」「超」「以下」「未満」

税金には、○円以上、○円未満という基準があります。
おさえておきたものをまとめてみました。

 

資本金、人数の基準

・資本金1000万円超または、50人超になると、均等割(通常は合計7万円)が増える
・その事業年度スタート時の資本金が1000万円以上だと、消費税を納めなければいけなくなる
・資本金3000万円以上だと、できない節税がでてくる
・資本金が1億円を超えると、法人事業税が増える。

資本金は、1000万円未満にしたいところです。
もちろん、必要であれば、資本金を増やしていきましょう。

 

売上の基準

・売上(消費税の対象となる)が1000万円超だと、消費税を納めなければいけなくなる
次の次の事業年度から。

・売上(消費税の対象となる)が5000万円超だと、消費税の簡易課税という計算方法ができなくなる

かといって、売上をおさえる必要はありません。
ただ、ギリギリで、1000万円を超えるのであれば、多少意識したいものです。

経費の基準

・1組30万円未満なら「消耗品費」として経費にできる(年度で合計300万円まで)
・1事業年度800万円(月割)以下の交際費は、経費になる

限度があったとしても、必要ならばそれ以上使ってもかまいませんし、限度額ギリギリまで使わなければいけないわけではありません。

税金
井ノ上陽一税理士事務所 | 経理効率化・DX・Excel・IT・RPA
タイトルとURLをコピーしました