納税は、カードとネットバンク、どっちが得?

納税、税金を払うなら、カードとネットバンク、どちらが得か。
まとめてみました。

 

納税は、カードまたはネットバンクで

納税するなら、まず「銀行に行く」のはナシです。
時間がもったいなさすぎます。
特に、社長自身が行くことは絶対にやめましょう。

カードかネットバンクで払いたいものです。

カード納税のメリット・デメリット

カードで払うメリットは、
・ポイントがつく
・効率的
というもの。

カード決済のほうが、手順が少ないです。
番号、有効期限を入れればいいので。

一方、デメリットは、手数料がかかること。
0.8%ほどの手数料がかかります。
この手数料と手間の少なさ、ポイントを比較しましょう。

また、経理の手間もあります。
手数料と税金の金額を分けなければいけませんので。
個人のカードを使った場合は、その経理を忘れないようにもしなければいけません。

ネットバンク納税のメリット・デメリット

ネットバンクで払うメリットは、
・手数料がかからない
・履歴が残る(法人口座の場合のみ)

というもの。

デメリットは、カード決済よりも若干手間がかかることです。
ネットバンクにログイン、手続きの必要があります。
(パスワードがさらに必要な場合も)

これらを比較してどちらで払うかを決めましょう。
私は、カード払いにしています。
手間が少ないからです。

 

タイトルとURLをコピーしました