経理から紙をなくす(ペーパーレス)ならタブレット(iPad Pro 12.9インチ)

ペーパーレスを実現するには、タブレットが必要です。

 

紙をなくすならタブレット

経理で紙をなくしたい、ペーパーレスにしたいと思ってらっしゃる方も多いでしょう。
その秘訣の1つは、タブレットを導入すること。
タブレットなしでは、ペーパーレスはできません。

 

その理由は、タブレットは紙に近い感覚で使えるからです。

タブレットは紙に近い

ディスプレイで見ると、紙とは感覚が異なります。
位置や角度も違うからです。

タブレットなら、紙のように手にとることもできますし、ペンでチェック、書き込みもできます。
紙に近い感覚で使えるのです。

これならば、プリントアウトの手間は必要ありません。
慣れるまでは時間がかかります。
なんといっても、紙で育っているわけですから。
あきらめずに、タブレットを使い続けましょう。
それくらいの覚悟は必要です。

私も慣れるにはそれなりの時間がかかりました。
初代iPadから買い続け、慣れとともにターニングポイントとなったのは、大きさでした。

12.9インチという大きさになり、さらに紙の感覚に近づいたのです。

 

おすすめは、iPad Pro 12.9インチ

買うなら、iPad Proの12.9インチをおすすめします。
大きくて、紙に近く、書きやすいからです。

その次の大きさの11インチは、かなり小さくなります。
11インチと12.9インチですが、11インチとほぼ13インチ、2インチ違いますので。

それなりの値段はしますが、ペーパーレスのため、投資しましょう。
本やサイトも見やすいです。

私は、決算書や税務申告書、原稿などのチェックにiPadを使っています。
月次の資料なら、ディスプレイでのチェックでも十分でしょうが、iPadでチェックしてもかまいません。

パソコンとiPadのデータ移行はDropboxを使います。
パソコンでPDFをDropbox似保存

iPadのDropboxで開く

さらにiPadのアプリ「Notability」で開く
という手順です。

Notabilityはペンが使いやすいのです。
なお、ペンは、Apple純正のApple Pencil(第二世代)を使っています。
抜群の書き心地です。

なお、この記事執筆現在でいえば、もうすぐ(2021年5月)にiPad Proの新型が出ます。
旧型でも問題ありませんが、一応チェックしておきましょう。
私は買い替えます。

ブログ記事や動画も参考にしていただければ。

iPadを選ぶならProか11インチか12.9インチか | EX-IT

by
関連記事