資本金がある会社はすごいのか

会社の資本金。多いほうがいいのでしょうか。
決してそうではありません。

 

資本金1億円の会社と1000万円の会社

資本金が1億円の会社があると、
・すごい
・安定している
・信頼できる
と思われるかもしれません。
しかしながら決してそうではなく、資本金だけで判断してはダメなのです。

・資本金が多くても、キャッシュ(お金)がない会社
・資本金が多くても、赤字続きの会社
・資本金が多くても、あこぎな会社
はいくらでもあります。

資本金は、あくまで最初のお金だからです。

 

 

資本金はあくまで最初のお金

ご自身の会社で考えてみましょう。
資本金が100万円、1000万円とあっても、それだけお金があるわけではありません。
使ってしまっているからです。

資本金とは、あくまで最初に出した(集めた)お金。
中小企業の場合は、社長がすべて出しているケースが多く、その社長が出した金額が資本金なのです。

ご自身の会社の資本金を今一度確認しておきましょう。

 

自社の資本金を増やすかどうか

この資本金を増やすかどうか。
「資本金だけで判断できない」という事実はあっても、資本金で判断されることが多いのも悲しい現実としてあります。
ときには、「資本金を増やさないと取引できない」ということもあるかもしれません。
その場合はしかたありませんが、そうでないなら、資本金を無理に増やす必要はありません。
もっと、信用力を高める方法はいくらでもあります。

資本金を増やすには、社長自身が出資(会社の株を買う)という方法がほとんどでしょう。
ただ、手続きで、これまでの利益(利益剰余金)を資本金にいれることもできます。

資本金によって税金が変わるケースもあります。
・設立2期はじめまでに資本金を1000万円以上にすると、その期から消費税がかかる(もし免税だったとしても)
・資本金が1000万円超にすると、住民税均等割が上がる(東京都の場合、7万円→18万円)
・資本金1億円以上にすると、別途税金がかかる、税金の軽減が受けられなくなる
という点には気をつけておきましょう。

 

by
関連記事