経理の本を読むべき理由

経理を楽しむには、経理の勉強をするのがおすすめです。
その1つとして本を読んでいきましょう。

 

 

本を読むという勉強方法

勉強には、インプットとアウトプットがあります。
そのうちインプットでおすすめなのが読書、本を読むこと。

・安い
・いつでも読める
・大量に読める
というのが、読書をすすめる理由です。

この読書で、あらゆる分野を勉強できます。
特に、私が、仕事の基本を考えている
・読む
・書く
・話す
・時間
・お金
・営業
に関しては本を読んだほうがいいでしょう。
(私も読んでいます)

経理は、「お金」の分野の1つです。

 

経理も本を読む

経理がわからない
経理を勉強したい
という方もいらっしゃるでしょう。

その場合も、やはり本がおすすめです。
Amazonで「経理」と検索して出てきた本を片っ端から読んでいきましょう。

「この本はどうかな」
「つまらなそうだな」
と考えるのは、時間のムダです。

私は、1日1冊以上のペースで本を読み、勉強しています。
(2020年は443冊)
自分が勉強したい分野を片っ端から読んでいるわけです。

強くなりたい分野の本をすべて読んでいるくらいを目指しましょう。

 

おすすめの経理本

「おすすめの経理本は?」と言われると、困るものです。
経理本の書き手でもありますので。
一応、経理本をすべからく読んで、それらとは違った視点で書きました。

そんな中、自分の本以外におすすめするとしたら、これです。

社長!儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!

机上の経理ではなく、社長側の視点で書かれています。

ご興味あれば、こちらも。
社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ!

新版 ひとり社長の経理の基本

リモート経理完全マニュアル――小さな会社にお金を残す87のノウハウ

by
関連記事

    関連記事はありません