謄本を取りに行ってはいけない。「登記ねっと」を使ってネットで請求

謄本が必要なときも、取りに行ってはいけません。
ネットでとれるからです。

 

 

謄本を取りに行く手間

謄本を求められたとき、取りに行ってはいけません。
無駄に手間がかかるからです。

法務局へ行かなければいけません。
謄本はネットで取り寄せましょう。

登記ねっとで謄本をとる

謄本をとることができるのは、登記ねっとの[かんたん証明書請求]です。
法務局が運営しています。

登記・供託オンライン申請システム 登記ねっと 供託ねっと

手数料は500円。
通常だと600円です。
料金は、ネットバンクで払えます。

タイミングにもよりますが、翌日届き、確実に急ぐ場合は、速達も可能です。

平日の8:30から21:00にしか使えません。
注意しましょう。

なお、謄本は、どの会社のものも誰でもとることができます。
気になる会社はとってみてもいいかもしれません。
(取引先など)

印鑑証明書は……

謄本と一緒に求められることもある印鑑証明書は、謄本と同様にはとれません。
別途、電子証明書(2,500円で3ヶ月、取るために法務局に行く必要があるという本末転倒なシステム)が必要です。

実質的には、取りに行ったほうが早いでしょう。
謄本と印鑑証明書を求められたときは、取りに行かざるを得ません。

こういったしくみ、なくしてほしいものですが。

by
関連記事