分割で買う場合・一括で買う場合の経理の違い

分割、一括、どの方法で買えば得するのでしょうか。

分割で買うと得するか

分割で買うと、少しずつ払うことができるので、負担は減ります。
じゃあ、得するかどうか。
分割で買う手数料がかかるものは、損する場合もあります。

分割手数料が0であれば、損得はありません。
(厳密には、お金の価値を考える必要があるでしょうが)

分割手数料がかかれば、経費の金額は増え、税金は減りますが、お金は出ていくわけで、あながち得とはいえないでしょう。

買い方によって経理は変わらない

分割で買っても一括で買っても、経理(会計ソフトへの入力)は、変わりません。
税金の損得もないということです。

買い方を買えても税金は変わらないという原則はおさえておきましょう。
いつ払おうが、経費にできる金額は変わらないのです。
もし変わるのであれば、税金を調整できるということになります。

分割、一括の経理

たとえば、600万円の車を分割で買った場合(金利手数料0と仮定)、

車(車両運搬具) 600万円  未払金(未払費用) 600万円

とし、払うたびに、

未払金 10万円 預金 10万円
と経理します。
車は、減価償却費で、経費にしていきましょう。

一括で買った場合、振り込めば、

車(車両運搬具) 600万円  預金 600万円

となります。

分割で買うか、一括で買うかは、税金上ではなく、資金繰り上の問題となるわけです。

節税
井ノ上陽一税理士事務所 | 経理効率化・DX・Excel・IT・RPA
タイトルとURLをコピーしました