法人の税務申告ソフト比較。全力法人税・申告freee

法人の税務申告ソフトを比較しました。

 

ネット提出ができるか

法人の税務申告ソフトは、税理士専用のものだと高く、現実的ではありません。
最も安くもので、JDL IBEXクラウド組曲Majorというものがありますが、一連のものをそろえて年56,000円+
税。
(「クラウド」とありますが、インストール型)
そのかわり複数社を処理できます。

1社のみの処理で、ネットで提出ができ、現実的なものは、全力法人税と申告freeeです。
ネットで提出しないと、プリントアウト→郵送(持参)となり、控をペーパーレスにできませんので。
この全力法人税と申告freeeを比較してみます。

 

全力法人税と申告freeeの比較

全力法人税と申告freeeを比較するとこんな感じです。

全力法人税 申告freee
Mac 使える(ネット提出は不可) 使える(ネット提出は不可)
値段 初年度19,620円+税
翌年度以降10,000+税
年24,800円+税
+freeeの利用料(月1,980円+税〜)
対応会計ソフト freee、弥生、MFから取込可能 freee
条件 資本金等の額1億円以下等 資本金等の額1億円以下等
電子申告 データエクスポート形式 直接
決算書の電子申告 未対応→郵送 対応
消費税の申告書 作成不可 作成可能
修正申告書 作成不可 作成不可

 

いずれもネットで提出はできますが、Macではできません。
Macでは申告書をつくれますが、郵送することになります。

値段が安いのは、全力法人税。
特に契約翌年度以降は、1万円+税です。

申告freeeは会計ソフトfreeeを使っていれば、当然連動できます。
会計ソフトfreeeの契約も必要です。
ただ、全力法人税もfreee、弥生、マネーフォワードから取り込むことができます。
手間はかかりますが。

大きな違いはネット提出(電子申告)の方法。
全力法人税は、データを取り出して、Windows版のe-Taxソフト(国税)、eLTAXソフト(地方税)に取り込んで送信する必要があります。
全力法人税がe-Tax、eLTAX対応。法人の申告書をネット提出、ネット納税する方法。 | EX-IT

申告freeeは直接申告できるのがめちゃくちゃ楽です。
また、申告freeeは、消費税の申告書のネット提出できます。

使い勝手は、全力法人税が上かなと感覚です。

 

会計ソフトがfreeeなら申告freee

会計ソフトがfreeeなら、申告freeeが楽でしょう。
なんといっても最後のネット提出が楽です。

それ以外であれば、全力法人税をつかってみましょう。

ご自身での申告のサポートは、個別コンサルティングで承っております。

こういった記事も書きました。
申告freee。年24,800円+税で、法人の税務申告ができるソフト。 | EX-IT

by
関連記事