分割、一括、どっちが節税になるか

どうやって買えば節税になりますか?と聞かれることはよくあります。
その答えは、どう買っても変わらないというものです。

 

分割、一括

例えば、車を買うときに、
・分割で払う
・一括で払う
などといった方法があります。
どれが節税になるのでしょうか?

よく聞かれる質問です。

どう買っても節税額は変わらない

しかしながら、どう買っても基本的に節税額は代わりません。

・480万円の車を、分割で、月10万円ずつ分割で払った場合
・480万円を一括で買った場合
どちらも、経費になるのは、減価償却費です。
車の代金480万円をちょっとずつ経費にしていきます。

分割か、一括か、もっといえば、払っていなくても経費の金額は変わらず、節税額は変わりません。

節税はあくまで1つの要素にしか過ぎません。

節税はあくまで1つの要素

冒頭のご質問に対する答えは、「どっちでいい」なので、お好きな方でいいかと。
金利がかかるから、一括、金利がかからないから分割と、お好きな方で問題ありません。
仮に節税額が少なくても、ときには、そっち側を選ぶべきときはあります。

節税は、必ずやらなければいけないものではなく、あくまで1つの要素ですので。

節税を気にしすぎると、結果的に損をすることになります。
考えすぎて時間を浪費することも含めて。

そもそも車を買って節税と考えず、本当に車が必要かも大事なことです。

 

節税
井ノ上陽一税理士事務所 | 経理効率化・DX・Excel・IT・RPA
タイトルとURLをコピーしました