コロナ融資は受けておくべきか。☓借金 ◯融資

コロナ融資は受けておくべきかどうか。
私は受けておくべきと考えております。

 

コロナ融資という「機会」

新型コロナウイルスの影響により、いわゆる「コロナ融資」が行われています。
通常の融資よりも、手続きがシンプルになり、返済条件(期間、利率)も有利になっているものです。

これを利用すべきかどうか。
影響を受けている場合は、すでに利用しているでしょう。

今のところ、そうではない場合はどうすべきでしょうか。

 

融資は受けておくべき

 

私は、コロナ融資は、受けておくべきと考えています。
今後、状況がどう変化するかわからないからです。

もし、急激な変化があったときに、「借りたい」と思ってもすぐには利用できません。
事前に借りておき、使わなければそのまま返せばいいのです。

「利息がかかる」と思われるかもしれませんが、利息の補助がある場合もありますし、かかったとしても数千円ということもあります。
たとえば、月数千円の利息を払うことで、半年分の売上に相当するお金を手元におけるなら、そうしたほうがいいでしょう。

 

融資は、そのネガティブなイメージを払拭することも大事です。

☓借金 ◯融資

お金を借りる、つまり「借金」(シャッキン)と言ってしまうと、ネガティブな印象があるかもしれません。
借入金、または融資といいましょう。

「負債」にいいイメージを持たないかもしれませんが、あくまで調達の方法の1つです。
なんかネガティブなことはありません。

先が見えないときには、手元の資金を増やしておきましょう。
守りを固める融資はむしろポジティブなものです。
(もちろん、返すことができるかの計画は必要です)

 

by
関連記事