利益をどうしてもプラスにしたいときの秘策

どうしても利益を出したいというときもあります。
そのときにどうするか?について書いてみました。

 

利益をプラスにしたい!というとき

利益がマイナスのとき、それをプラスにしたい!と思うこともあるでしょう。
その1つは、融資を受けているとき。
マイナスだからダメというわけではありませんが、プラスにしておくにこしたことはありません。

今は融資を受けていなくても、今後融資を受ける可能性はあります。
プラスにしておいたほうがいいでしょう。
もちろん、可能な範囲で。

ただ、やってはいけないこともあります。

利益をプラスにしたくてもやってはいけないこと

利益をプラスにしようとして、
・売上を単に増やす
・経費を単に減らす
ということはやってはいけません。

単なるごまかしにすぎないからです。
減価償却(どれだけ入れるかは任意)を減らす、なくすことも、私にとっては、やってはいけないことです。

減価償却費を減らして利益を出すのはアリか→ナシ

一応、見直しておくべきことは、
・売上のうち、入れていないもの(確定していて未入金のもの)がないか
・経費のうち、次の事業年度に入れるべきものはないか(前払いしたもの)
です。

その他、考えられることもあります。

利益をプラスにしたいときにやってもいいこと

利益をプラスにするとして、理想的なのは、月々の利益を把握しておき、予測すること。

利益がプラスになるように、売上や経費をコントロールすることです。

・経費を減らす、次の事業年度に回す
・売上をなんとか増やす
といったことはやっておきましょう。

その他、やってもいいと考えられるのは次のようなものです。
・消耗品費として経費にしているものを資産にして減価償却にする(経費が減る)
・役員報酬を減らす(業績が悪化している、悪化が見込まれるといった理由が必要です)

できればさけたいのですが、できないことはないのは、
・まだ払っていない経費(未払費用)を減らす
・社長自身が立て替えている経費をなくす(自腹を切る)
・グレーな経費を取り除く
といったことです。

早めに手を打つのが理想ではあります。

 

by
関連記事