経理をやるくらい暇があったほうがいい

「経理なんてやって、暇なの?」と言われることもあるかもしれません。
いいじゃないですか、それくらい暇があっても。

 

経理をやるのは暇だから?

経理をやっているというと、「暇なのか?」と言われることもあるでしょう。
経理に限らず、売上に直接つながらないことすべてについてそう言われる可能性があります。
・ブログ
もそうですし、
・遊び全般
もそうです。

私も昔、ブログについてはさんざんいわれました。
もちろん、ブログは、今もやっていますし、経理もやっています。

しかしながら、暇だからやるというわけではないはずです。

「暇なのか?」は、スルーしておきましょう。

経理をやる暇くらいつくりたい

むしろ、経理をやる暇くらいつくりたいものです。
経理をやる時間もないくらい、仕事に追われているというのは、好ましくありません。

もちろん、経理に時間を割きたくない場合は、経理を丸投げすればいい話です。
(その場合、私以外の税理士にお願いすれば問題ありません)

ただ、
・経理をやりたい
・経理をやってみたい
と思うのなら、なんといわれようと、経理を続けましょう。

たとえ、人を雇っていて任せられるとしても、経理は自分でやりたいというのはアリです。
絶対に手放さなきゃいけないということはありません。
ましてや、人を雇わず、ひとりで、経理をやるのはまったく問題のないことです。

 

やりたいことをやるのは「暇だから」ではない

やりたいことを率先してやるのは、「暇」というものではありません。
経理もそうです。
私がやる経理も、ブログも同じといえます。

「暇なの?」というのは、なんだか変な気がするのです。

暇だからやるのではなく、暇をつくってでもやることこそが、やりたいことであり、経理をやるならそこに位置づけましょう。
嫌々やるのなら、経理の丸投げも考えたいものです。

経理をやりたいことにできるよう、無駄な作業はなくし、楽しんでいきましょう。

 

by
関連記事