売上が増えても経理の手間が増えないようにする

売上が増えて、経理の手間が増えないようなしくみを考えましょう。

 

売上増えると手間も増える

売上が増えるのは、通常うれしいことですが、そうでもない部分もあります。
売上=仕事が増えると、
・請求書発行
・売上確認
・入力
・チェック
などといった経理の手間が増える可能性があるからです。

経理の手間が増えるデメリット

経理の手間が増えると、
・人件費が増える
・残業代が増える(払っていればの話)
・システムやソフト代がかかる
といったデメリットがあります。

売上が増えるのですから、これらのことはある程度しかたのないことです。
しかしながら、売上が増えたとしても経理の手間が増えないようにする、それほど増えないようにすることは心がけておきましょう。

 

経理の手間が増えないようなしくみ

経理の手間が増えないようなしくみを、売上が増える前からつくっておきたいものです。
売上は増えるけど、その足腰である経理、管理が間に合わないというケースはよくあります。

こういったしくみをつくっておきましょう。
・人の手に頼らない経理
・いくら増えても問題ないような自動化
・効率化できるようなルールづくり

人の手でやっていると、経理の手間は増えます。
手間は増えるとミスの可能性も高まるでしょう。

なによりも不満もたまります。
人ですから。

自動化していれば、100が1000、1000が10000になっても問題ありません。
そういったしくみで経理をやっておくべきです。

そして、ルールが欠かせません。
イレギュラー処理が多いと効率化はできません。

「売上が増えたら」と想定して、整備しておきましょう。
別に増えなくてもいいじゃないですか。
効率化できれば。

 

by
関連記事