株主を増やさないほうがいい理由

会社の株主は、安易に増やさないほうがいいものです。
その理由をまとめてみました。

 

中小企業の株主

中小企業を上場していない企業と定義すると、その株主は、増やさないほうがいいでしょう。
「増資したい」
「株を買いたい」
という申し出は、十分に検討すべきです。

また、これから会社を立ち上げるなら、株主は極力少なくしておきましょう。

株は予想以上に重いものです。
上場企業だと、株式市場があり、自由に売り買いができます。
それができないからこそ、問題点があるのです。

 

株の意味

株には、その会社の意思決定ができるかどうかという意味があります。
過半数、3分の2以上持っているかで、決めることができるものが異なり、代表者が、3分の2は持っておきたいものです。

社長がすべての株を持っているのが理想でしょう。
シンプルで、もめる可能性がありません。

家族にも、株はわけないほうが、リスクヘッジになります。

・一緒に仕事をしている
・一緒に経営をしている
ということと、株を持つことはまた別物と考えましょう。

さらに、株には問題点があるのです。

株の問題点

中小企業の株は、値段がついていないというのが問題です。
それぞれ計算し、評価しなければいけません。
ただ、その評価に株主が納得するかはまた別の話です。

すでに株を持っている株主から、「株を買ってほしい」といわれると、もめる可能性があります。
100万円を出してもらい、株を買ってもらったからといって、100万円で売ればいいというわけではないのです。
業績が上がっていれば、それが1000万円、ときには1億円になるでしょう。

こういったリスクがあるからこそ、株主を安易に増やさないほうがいい、つまり、出資(お金を出す)してもらわないほうがいいのです。

資金が必要なら、別の方法もありますので。

by
関連記事