「30万円未満のパソコンだったら経費」の「30万円」は消費税込み?抜き?

「30万円未満は経費」は、消費税込みかどうか。
経理の方法により変わります。

 

30万円未満は経費になる

「30万円未満なら経費になる」と聞いている方も多いでしょう。

過去にも書きました。

パソコンを買ったときの経理の基本。30万円未満かどうか。

この「30万円」は消費税込みでしょうか、抜きでしょうか。
その会社により異なります。

消費税の経理の方法

たとえば、税抜100,000円のモノを買えば、消費税10%の場合、消費税10,000円が加わり、110,000円となります。
このとき、経理はどうするか。

税抜の100,000円で経理する場合、税込の110,000円で経理する場合があり、どちらか選ぶことができます。
一般的には、
・消費税を納め、原則の方法で計算する場合は、税抜
・消費税を納めない場合・簡易的な方法で計算する場合は、税込
です。

ご自身の会社が、税込か税抜か、把握しておきましょう。

税込経理か、税抜経理か

税込経理の場合、30万円という基準は、消費税込みで判断します。
税抜経理の場合、消費税抜きです。

消費税抜きで判断したほうが、得をすることになりますが、それだけで経理の方法を決めるものでもありません。

たとえば、290,000円+29,000円(消費税)=319,000円の場合、
・税抜経理→経費になる(消耗品費)
・税込経理→一括の経費にならず、工具器具備品として減価償却
となります。

経費
井ノ上陽一税理士事務所 | 経理効率化・DX・Excel・IT・RPA
タイトルとURLをコピーしました