マウスの選び方

経理効率化には、性能がいいマウス(またはパッド)が必須です。

マウスを使わないのが原則

効率化のためには、マウスを使わないのが原則です。
「え、マウスって便利じゃない?」
と思われるかもしれません。

便利は便利なのですが、効率的ではありません。
今私がこの文章を書いていて、別のアプリに切り替えるとした場合、マウスに手をのばすのは非効率です。
今はキーを使っているのですから。

マウスに手を伸ばし、操作し、キーに戻ってくるという動作に、少なからず時間がかかります。
積もれば莫大な時間となるでしょう。

別のアプリに切り替えるなら、Command+Tab(Macの場合。WindowsならAlt+Tab)を押せばいいわけです。

ただ、そうはいってもマウスを使う場面はあるもの。
おすすめは、トラックボールマウスです。

 

トラックボールマウス

トラックボールマウスとは、冒頭の写真にあるようなボールで操作するマウス。
慣れるまでに時間はかかりますが、慣れれば、瞬時に操作ができます。
大画面でマウスを操作する場合も遜色ありません。

マウスパッドも必要なく、コードもなく快適で、手の負担も減らせます。
ぜひ、使ってみていただければ。

私が使っているのがロジクールのM575。
小さめで使いやすいです。

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575S Bluetooth Unifying 5ボタン トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 電池寿命最大24ケ月 M575 ブラック 国内正規品 1年間無償保証

高性能なマウスの大前提

高性能なマウスを使う大前提があります。
それは、人が使いこなせるかどうか。
マウスを使ったほうがいいか、キーで操作したほうがいいかを瞬時に判断して、それに応じて操作することが欠かせません。

基本的には、
・キーに手があれば、キーで操作。
・マウスに手があれば、マウスで操作
というもの。

もちろん、キーよりもマウスで操作したほうがいいものもありますので、その場合は、キーに手があってもマウスに手を伸ばします。
経理でいえば、ピボットテーブルはマウスを使わざるを得ません。

なお、会計ソフトや税務ソフトは、マウスが前提になっているので非効率なのです。

せめて、いいマウスを使って、その非効率さをおぎないましょう。

 

 

by
関連記事