Suicaの明細は証拠になるか

電子マネーのSuica(その他交通系IC)の明細は経理の証拠になるのでしょうか

Suicaの利便性

Suicaをはじめとする交通系ICカードは、便利で使ってらっしゃる方も多いでしょう。
私も愛用しています。
QRコード決済よりも早いからです。
かざすだけでいいので。

このSuica、経理でも便利なのでしょうか。

電子帳簿保存法とSuica

電子帳簿保存法では、「データで受け取ったものはデータで保存」というのがルールです。
Suicaは、その明細をデータで受け取ることができます。
通常は、これをスクリーンショットにとっておけば、明細として使えるのです。

Suicaもデータ。
そうできるはずです。
そうすれば、レシートをわざわざもらって、それをとっておく必要はありません。

Suicaで買い物をしたときの明細は証拠不十分

Suicaの明細は、
・交通費
・買い物
・チャージ
の3つ。

このうち、交通費は、区間も表示されますし、明細として使えます。
データを連動させれば経理も楽です。
クラウド会計ソフトでも連動できます。
(私はMoneyTreeを使っています。あらゆるクラウド会計ソフトより使いやすく、なによりもあこぎじゃないのがいいです)

買い物はどうでしょうか。
明細には、現状「物販」としか表示されません。
これでは証拠不十分です。
スクリーンショットをとって……というわけにはいきません。

結果的に、レシートが必須ということになります。
なお、レシートと一緒になぜか渡されるSuica利用票は必要ありません。
その場で捨てても(ゴミ箱に)いいくらいです。

チャージは、経理上は、経費ではありません。
チャージで経費にするのはやめましょう。
Suicaのチャージは経費にならない

タイトルとURLをコピーしました