Suicaのチャージは経費にならない

Suicaにチャージした金額は、経費にはなりません。
使ってときだけが経費です。

 

Suicaへのチャージ

Suicaをはじめとする交通系ICカード。
一定金額をチャージして使います。

たとえば、カードで1万円チャージした場合、

交通費 / カード 1万円

と処理できるかどうか。

チャージだけで経費にはなりません。

 

Suicaへのチャージは、経費にならない

もしチャージした時点で経費になるなら楽です。
ただ、まだ使っていない以上、経費にはなりません。

Suicaに法人のカードでチャージした場合、

仮払金 / カード 1万円

となります。

経費ではなく、仮に払ったと扱うのです。

(または預け金、Suicaといった項目で処理できます)

個人のカードでチャージしたときは、何も処理せず、使ったときだけ記録します。

 

Suicaを使ったときに経理

Suicaにチャージをしたときではなく、Suicaを使ったとき、Suicaで払ったときが経費になるタイミングです。

この場合、交通費以外は、レシートをもらうようにしておきましょう。
そのレシートで、社長が立て替えたと記録するほうが楽です。

社長借入金として処理して、会社から返してもらいましょう。

Suicaを会計ソフトなどで連動したり、Suicaのサイトからデータとしてとることはできますが、モノを買ったときは、すべて「物販」となってしまいます。

何を買ったか、何に払ったかがわからないのです。

Suicaで払った場合

・交通費→データ連動
・モノ、サービス→レシートで入力

という方法で経理しましょう。

なお、Suicaでデータ連動できるのは、モバイルSuicaのみです。
Google Payや、Sony Wena 3のSuicaは、連動できない点に気をつけましょう。

 

 

by
関連記事