読んでいない本=積ん読は、経費になるのか

買って読んでいない本は経費になるのかどうか、その考え方を書いてみました。

 

買って売れていないもの・使っていないものは経費にならない

商品を仕入れて、それが売れていない場合、決算時には、「商品」として、経費にしません。
売れたものだけが原価となります。

また、固定資産を買っても、使っていなければ経費にはなりません。
使った日から経費にするというのがルールです。

じゃあ、買っても読んでいない本、いわゆる「積ん読」(読んでいない本が積み上がっている状態)の場合はどうなるのでしょうか。

読んでいない本は経費になるのか

本は読むもの。
読んでいない=使っていないなら、経費にできないという考え方もあります。

似たようなものは、切手。
切手は、原則として、使ったときに経費にします。
切手を100万円買って、40万円を使わなかったら、40万円は「貯蔵品」となるのです。

ただ、毎年、継続して、切手を買ったときに経費にしていれば、それでもいいよというルールがあり、そうしていることが大半でしょう。
数えるの大変ですし。

何よりも、それほど大きな金額にならないというのも現実的な理由です。

読んでいない本の考え方

読んでいない本も、継続して買ったときに経費にしていればOKという考え方もできます。
そして、それほど大きな金額にならないということもあるでしょう。

2000円の本で読んでいないものが100冊あれば、20万円。
それほど大きくないともいえますが、大きいともいえます。

とはいえ、本は、すぐに読むだけではなく、参考資料として置いておくという意味合いもありますので、一概には言えません。

「読んだ」「読んでいない」というのを客観的に証明しにくいという問題もあります。

 

結論としては、読んでいない本があっても、買ったときに経費。
ただ、金額によるというものでしょう。

経費になるかどうかはともかく、積ん読は減らしていきたいものです。

(自戒をこめて)

 

経費
井ノ上陽一税理士事務所 | 経理効率化・DX・Excel・IT・RPA
タイトルとURLをコピーしました