Excelの罫線って、必要?

Excelの罫線は、必要ないかなと思っています。
わかればいいので。

 

罫線を引くにも手間がかかる

罫線。
文字や数字を見やすくするための線。

手書きであれば、線を最初に引いたり、線がある用紙をつかったりします。
その名残があるのか、Excelでも罫線を引くことが多いかもしれません。

しかしながら、その罫線を引くのも手間がかかります。
効率化の観点からは、必要なければ罫線を引きたくないものです。

私はほとんどの場合、罫線を引きません。

罫線を引かなくても、セルがある

Excelを画面上でみるなら、罫線を引かなくても、わかります。
なぜなら、セルには、線があるからです。

罫線を、さらに引かなくてもいいかなと。

仮に、プリントアウトする場合も、罫線がなくても、わかるといえばわかります。
・線が切れている
・線をコピーして、変になっている
というくらいなら、線がないほうがいいでしょう。

そもそもプリントアウトの必要があるかどうかも考えましょう。
「プリントアウトするかもしれない」という理由で線を引くのもやめたいものです。

なお、プリントアウト時に、セルの罫線を表示する方法もありますが、美しくはないので紹介しません。

テーブルだと罫線いらず

どうしても罫線を引きたいなら、テーブルを利用しましょう。
これなら、瞬時に線をひくことができ、色分けもできます。
コピーしてレイアウトが崩れることもありません。

データをみるなら、これで十分でしょう。

最近はあまりありませんが、昔は、他人がつくったファイルを使うときに、罫線をまず消してから使っていました。
見ずらいので。

「罫線をまず引く」ということはやめていきましょう。

Excelで1行おきに色を付けるならテーブル。条件付き書式・マクロは使わない | EX-IT

by
関連記事