共有を重視するなら、ExcelよりGoogleスプレッドシート

Excelでも共有はできますが、Googleスプレッドシートだとより楽に共有できます。

 

Excelを共有するならDropbox

Excelファイルを複数人で共有すると、ファイルのやり取りをしなくていいので楽です。
その場合、Dropboxを使うといいでしょう。
Googleドライブ、OneDriveでもかまいません。

私は使い勝手からDropboxを選んでいます。

Excelを共有する、同時編集するなら、Googleスプレッドシートのほうが楽な場合もあるので、使ってみましょう。

 

Googleスプレッドシートは共有・同時編集が楽

Googleスプレッドシートとは、GoogleのExcel。
同じような機能があります。

大きな違いは、ブラウザで使うということ。
ブラウザ上なので、共有が楽で、同時に編集ができます。

Googleフォームと組み合わせればデータを集めるのも楽です。

無料のGoogleフォーム(Googleドライブ)を使って、会員登録・メンバー登録をお互い楽にする方法 | EX-IT

ただ、ExcelとGoogleスプレッドシートには操作性、性能の違いもあります。

 

ExcelとGoogleスプレッドシートの違い

ExcelとGoogleスプレッドシートだと、操作性がいいのはExcelです。
こちらの記事に書きました。

ExcelとGoogleスプレッドシートの使い分け | EX-IT

 

それを気にしないのであれば、Excelでもいいでしょうが、むしろ気にしていただきたいです。
Excelをより使いこなせば、その違いが気になります。

Googleスプレッドシートは無料という大きなメリットがありますが、Excelもそんなに高いものではないので、必要投資です。

(月1,200円ほど)

by
関連記事