経理を習慣にしやすい時代

経理を習慣にするのは、かんたんではありませんが、経理を習慣にしやすい時代となりました。

 

経理で手間がかかるのは、レシート

経理で手間がかかり、めんどくさいのは、レシートです。
・紙
・もらわなきゃいけない
・入力しなきゃいけない

経理効率化のためには、このレシートをできる限り減らしたいものです。
ただ、そうもいかないのが現実。
店頭で買い物をすると、このレシートをもらわざるを得ません。
(カード、Suica、スマホ決済でも)

しかしながら、その手間がなくなっています。
新型コロナウイルスのせい(おかげ)です。

店頭で買い物をしない時代

コロナ前と比べると、店頭で買い物をしない、食事をしないようになったのではないでしょうか。

そうなると、レシートを処理する機会は減り、レシートの経理の手間は減ります。

特に打ち合わせや会食が減った(減ってないとダメでしょうけど)ので、その処理はしなくてすむわけです。

レシートの手間が減った時代になった以上、経理を習慣にしやすいともいえます。

毎朝経理しよう

私の場合、レシートのものは毎日経理します。
そのほうが、楽ですし、財布(今は持ち歩かないので、ポケットにレシートを入れています)もきれいになるのです。

毎朝、前日のレシートを入力するようにしましょう。
それが経理の習慣の1つです。

ためておくと、何に使ったかの記憶も薄れますし、たまったレシートを見るのも苦痛ではないでしょうか。
レシートを入力すれば、それを捨てることができるわけではありませんが(要件を満たせばできますが、現実的ではなく、おすすめしてなく、私もやっていません)、適当に保管しておくことはできます。

レシートをとっておけばいいので、その方法はテキトーで問題ありません。
むしろテキトーに力を抜かないから、続かないのです。

(保管方法は、別途記事にします)

「毎朝経理する」のは、店頭で払ったもの。
店頭での払いが激減した今、毎朝やらなくてよくなっています。

経理を習慣にする難易度下がっているのです。
今こそ、経理を習慣にするチャンスといえます。

 

 

by
関連記事