生命保険での節税のよしあし

生命保険に入れば節税はできます。
ただ、よしあしがあることも意識しておきましょう。

 

会社で生命保険に入れば節税

会社で生命保険に入れば、その保険料を経費にできる場合があります。
経費を増やし節税できるわけです。

どうせ保険を払うんだし、保険のメリット(いざというときの補填)もあるので、いうことはありません。
ただ、その保険が必要かどうかは考えましょう。

保険が必要かどうか

たとえば、300万円の保険料を払えば、その保険料の約30%、90万円税金を減らすことができます。
2000万円の利益だと、税金は、600万円。
そこで300万円の保険料の保険に入れば、利益は1700万円、税金は、510万円となるのです。

税金の90万円は大きいもの。
ぜひとも保険に入りたいものですがが、その保険がもし必要ないものであったら意味がありません。
300万円は出ていってしまうわけですから。

そして、その保険料が毎年かかり、今年は払えても、来年は厳しいこともあるでしょう。
今年は、節税効果があるけど、来年は、ないかもしれません。

いざというときに備えて必要な保険であれば、節税効果があろうがなかろうが問題ありません。
そうでないなら、節税だけを目的に、保険に入るのはおすすめできるものではないのです。

解約時には税金がかかる

また、その保険を解約した場合には、収入となり、税金がかかります。
結局、今の税金を将来に繰り越しただけに過ぎません。

そして、解約するタイミングによっては、損をすることもあります。
途中解約すると損をするのは、当然のことですから。

保険を解約したときに、大きな経費(退職金)をつくればいいということもありますが、タイミングを合わせるのはかんたんではありません。
そもそも必要な保険(保障)なら、解約を考えることもないはずです。

保険は必要なだけ入り、節税は、その結果得られるものと考えておきましょう。

by
関連記事