M1チップMacBook Airで経理効率化はできるか

性能もよく気に入っているM1チップMacBook Air。
これで経理効率化ができるかどうか、考えてみました。

M1チップ MacBook Airとは

M1チップとは、MacBook AirをつくっているAppleが新開発したもので、
・処理速度が速い
・安い
という特徴があります。

2020年11月に発売され、発売日に買い、私のメインパソコンです。

新Apple M1チップのMacBook Airは、本当に速い。2020年モデルとの比較。 | EX-IT
このMacBook Airで経理効率化はできるのでしょうか。

MacBook Airで経理効率化

処理速度が速いということはそれだけで効率化になります。
遅いパソコンを使っていたら、即買い替えましょう。

また、MacBook Airは、キーボードやパッドも使いやすく、効率化につながります。

Excelも使うことができますし、ブラウザで使う会計ソフトや税務ソフトも使えるので、経理にも役立つのです。
しかしながら、現実的には、Windowsパソコンが欠かせません。

MacBook Airでできないこと

MacBook Airでは、Windows専用ソフトが使えません。
経理効率化にはWindows専用ソフトも欠かせないため、MacBook Airだけでは難しい部分もあります。

ただ、困るのは、Windowsにインストールする会計ソフト、税務ソフトです。

その他、MacBook Airで、経理効率化上ネックになることもあります。
・RPAが使えない(Windows用。Python、Automatorは使えますが)
・Excelマクロが使いにくい(Mac用のExcelで書けなくもありませんが、現状、M1対応Excelでは使いにくいです)

こういったものを使っていれば、見逃せない点でしょう。


M1チップ以外のMac(intel)だと、Parallels Desktopという、MacでWindowsを使えるソフトがありました。
MacでWindowsを使えるParallels Desktop入門 | EX-IT

しかしながら、M1チップではそのParallels Desktopを現状使えないのです。
(今後も使える見込みはありません。ライセンスやしくみの関係もあり)
これを使うがために、M1チップでないMacを買うのはおすすめできません。
それくらい快適なのです。

MacBook AirとWindowsの2台というのが現実的で、私はノートブックで2台持っていて使い分けています。
MacBook Airを使うのが8割です。

by
関連記事