毎月やっていることを効率化する効果

なぜ経理を効率化するか?
毎月やることだからです。

 

毎月やる経理

経理は毎日、毎月、毎年やることがあります。
たとえば、次のようなものです。

・毎日→レシートの入力
・毎月→ネットバンク、カード、売上等、請求書発行
・毎年→決算書、税務申告書作成・提出

このうち注力したいのは毎月。
毎日の経理は毎日やれば時間はそれほどかかりません。
毎月の経理は、「月次決算」といわれるもので、ここが経理効率化の重要ポイントとなります。

毎月やることを効率化

毎月やることを効率化すれば、1年だと12回効率化できるわけです。
1時間効率化すれば、12時間を得ることができます。

・やめられることはないか?
・データにできないか?
・自動化できないか?

などを徹底して考えましょう。

最大半日で終わらせる

月次決算は、早いうちに、最大半日で終わらせましょう。
半日とは、4時間ほど。
丸1日使ってしまうと、他のことができなくなります。

半日なら、毎月そこに予定を入れないということもできるはずです。
毎月の経理に時間がかかるうちは、丸1日予定を入れないようにしておきましょう。

私の場合は、規模が小さいこともありますが、第1営業日に予定を入れないようにしています。
(今は毎月の経理が1時間弱で終わります)

もちろん、短いにこしたことはなく、工夫のしようはあるものです。
理想は、月の第1営業日に前月の業績を把握すること。

月の第1営業日、半日をあくまで目指していきましょう。

 

 

by
関連記事