「事務用品費」と「消耗品費」なんて分けなくていい

勘定科目で、事務用品費と消耗品費は、わけなくてもいいかなと思っています。

 

セロテープは、事務用品費?消耗品費?

勘定科目には、事務用品費と消耗品費というものが、通常あります。

セロテープはどっちでしょうか?

ボールペンはどっちでしょうか?

LEDライトはどっちでしょうか?

結構迷われる方も多いものです。

 

 

曖昧なら分けなくてい

もし曖昧なら分けなくても問題ありません。
セロテープもボールペンもLEDライトもパソコンも同じ科目にします。

迷ってしまうと、経理をするときに戸惑い、手間がかかるからです。
自分で瞬時に判断できるものにしましょう。

前に処理したものを思い出さなければいけない、過去のデータを見なきゃいけないということは避けたいものです。

その意味で、「事務用品費」は使わなくていいかなと。

「事務用品費」は使わない

 

事務用品費と消耗品費のうち、どちらを残すか。
セロテープもボールペンもLEDライトはどっちでもいいでしょう。
パソコンは、事務用品かというと、そうでもなく、消耗品のイメージの方が多いでしょう。

となると、多くのものが属する「消耗品費」を使って、「事務用品費」を使わないというのが得策です。

私は自分の経理でも「事務用品費』を使っていません。
めったに事務用品費は買いませんが。

経理上は、「IT投資」という勘定科目を使い、決算書では、差し障りのない「消耗品費」にしています。
消耗品という言葉は、あまり好きではなく、大事に使っていて仕事に役立つIT機器をそう呼びたくないからです。
大事な投資ですので。
(損することもありますが、それも「投資」ですし)

 

 

 

by
関連記事