ウィンドウを整理すると効率が上がる

パソコンのウィンドウを整列すると、効率が上がります。

 

ウィンドウの切り替え

複数のウィンドウ(アプリ)をパソコンで使うときに、マウスで切り替えると時間がかかりすぎます。
効率が悪いので、結局「プリントアウトしちゃえ」となってしまいがちです。

ウィンドウの切り替えをするなら、
・Windows→Alt+Tab
・Mac →Command+Tab
を使いましょう。

切り替えるだけではなく、さらに整列させると便利です。

 

ウィンドウの整列

ウィンドウの整列とは、左右にウィンドウ(アプリ)を並べること。
これも、マウスでやっていたら日が暮れます。

ウィンドウの整列をするなら、
・Windows→Windowsキー+左または右
・Mac→フリーソフトのSpectacleを入れる
とやりましょう。

そのアプリを選択して(上記の方法で切り替えて)、操作します。

今の解像度が高いノートパソコンなら、ウィンドウの整列がさらに便利です。
十分2つのアプリを並べることができます。
デュアルディスプレイがいらないほどに。
今でもデュアルディスプレイは便利ですが、以前ほど重要じゃなくなくなっています。

それは、パソコンの解像度が上がり、2つのアプリを並べても見やすくなったからです。

 

 

デュアルディスプレイでもウィンドウの整列

このウィンドウの整列は、デュアルディスプレイ(2つのディスプレイ)でもできます。
Windowsなら、Windowsキーを押しながら、たとえば、右を複数回押してみましょう。

右側にあるディスプレイにウィンドウ(アプリ)が移動します。
Windows+Shift+左または右だと、もう1つのディスプレイへ瞬時に移動するので、お好みで使いましょう。
私は、常にWindows+左または右を使っています。
そのときに応じて操作を変えるのがめんどくさいので。

 

 

by
関連記事