納税のために銀行へ行ってはいけない

納税はネットでできます。
わざわざ銀行に行ってはいけません。

 

納税をネットで

納税、税金を払う方法にはいくつかあります。
その中で、おすすめしたいのは、
・ネットバンク
・クレジットカード

どちらも、ネットで納税が済むものです。
あらゆる税金を払えます。

ただ、ネットバンクの場合は、手続きが別途必要で、敷居が高いのも事実です。

納税をネットでやる方法

ネットバンクで納税するならe-Tax(ネットで税務申告、納税するしくみ)の登録、そして、e-Taxで税務申告する必要があります。

クレジットカードなら、たとえ紙で税務申告をしていても、ネットで納税ができるのです。
(もっとも、紙で税務申告はおすすめしませんが)

国税クレジットお支払サイト

このサイトで、情報を入力すれば、カードで納税できます。
(正しく入力しなければいけません)

ただし、源泉所得税については、ネットバンクでの納税と同様、登録、手続きが必要です。

そして、クレジットカード納税にはデメリットもあります。

クレジットカード納税のデメリット

クレジットカード納税のデメリットは、手数料がかかること。
0.8%ほどの手数料がかかります。
カードのポイント還元率が1%なら、差引メリットがありますが、そうでない場合は、納税に手数料がかかるわけです。
(さらにカード会社によっては、納税の場合、還元率が下がる場合もあります)

ただ、手続きの手間や銀行に行く手間を考えれば、手数料がかかっても、ネットでさくっとカード払いするという考え方もあるでしょう。
私は、クレジットカードで納税しています。

この場合、手数料や納税を経理することも忘れないようにしましょう。
手数料と納税額をわけて記録する必要があります。
手数料は、経費(支払手数料)、納税額は、経費ではありませんので(未払法人税等、未払消費税等など)。

by
関連記事