レシートは、ほったらかしにしておく。入力したら。

経理で大事なレシート。
大事なのは、入力するまでです。
あとは、ほったらかしにしておきましょう。

 

レシートの整理は適当でいい理由

レシートは、経理の重要な証拠です。
ただ、とっておけばいい程度で、きちんと整理しておかなければいけないわけではありません。

適当でいいのです。
次に見るのは、税務調査(税務署の方が実際にチェックしにくる)のときですから。
(そして税務調査がなければ誰もみません)

年別・月別にわけて、それなりに探せる程度にしておけば問題ありません。

ただし条件があります。

レシートの「入力」が先

レシートの整理が適当でいい条件とは、レシートの「整理」よりも「入力」が先ということです。

入力してデータにしないうちに、整理してはいけません。
またそのレシートを見なければいけませんので。

入力してしまえば、適当でいいわけです。
だからこそ、日々の入力をおすすめしています。
めんどくさくても。

私だってめんどくさくです。
ただ、あとからやると、余計にめんどくさくなりますし、レシートの束から取り出して入力するなんてやりたくありません。
めんどくささはトータルで考えるべきです。
(入力しないで、外注する手もありますけどね。それはそれでめんどくささがありますが)

 

そのレシートの整理に便利なアイテムがあります。

レシート整理に便利な13ポケットフォルダ

そのアイテムとは、13ポケットフォルダ

似たようなものがありますが、どれでも問題ありません。

13個のポケットがあるので、月別にわけられるのです。
しかも、かさばりません。

月別に整理するという最低限の条件を満たしています。
これを事業年度別に準備し、その事業年度が終わったら、チャックを閉め、保管しておけば十分です。

YouTubeにもアップしています。

by
関連記事