会計(仕訳)データをExcelで持っておくと楽

会計データは、Excelで持っておくのがおすすめです。

 

データ分析をするとき、どうするか

過去の会計データを確認、分析するときに、どうするか。
総勘定元帳といわれる書類があり、会社に保管する必要があります。

それを見ることはやめましょう。
そのためにインデックスをつくるようなことも。
時間の無駄です。

「紙のほうが早い」という話もありますが、早いわけありません。
紙を検索することはできませんので。
慣れればデータのほうが速いのは確実ですし、慣れましょう。

過去の会計データは、Excelで持っておくのがおすすめです。

会計データをExcelで持っておく

会計ソフトから、会計データ(仕訳・仕訳日記帳)をExcelに出し、それを蓄積しておきましょう。
データ数にもよりますが、ある程度の年分のデータはExcelの1枚のシートに蓄積できます。

(私の場合、独立して13年のデータがExcelの1枚のシートにあります)

Excelにデータがあれば、
・検索できる
・フィルターで抽出できる
・集計できる
といいことづくめです。

「去年よりこの経費が増えているけどなんだろう」
「これまでのデータを分析して、今後に使いたい」
といったときに、Excelをさっと見ればすみます。

 

過去のデータは財産

経理は税務申告をして終わりではありません。
その後も、データとして活用したいものです。

過去のデータは会社の財産。
大事に紙でとっておくのではなく、大事にデータでとっておき、活用しましょう。

by
関連記事