GASで経理効率化はできるか

GAS(Google Apps Script)で経理効率化はできるか。
その考え方を書いてみました。

 

GAS(ガス)とは

GASとは、Google Apps Script。
Googleのサービスで使える、プログラミング言語です。

プログラミングして仕事を効率化することができます。
Excelマクロ(VBA)、Python、RPA、そしてGAS。

GASでも経理効率化ができるのでしょうか。

GASの使いどころ

GASの使いどころは、Googleのサービスの効率化です。

・Gmail
・Googleカレンダー
・Googleスプレッドシート
・Googleドキュメント
・Googleスライド
などを効率化することができます。

私は、これらの効率化のため、それなりにGASを使っており、欠かせないものです。

GASで経理効率化

GASを使っているのは、
・Gmailから特定の条件でデータを抽出して、Googleスプレッドシートに書き込む
・Googleカレンダーの一定期間の予定を、Googleスプレッドシートに書き込む
といったことです。
間接的に経理効率化にもなるでしょう。

こういった経理データの抽出にも使っています。

メルカリの購入履歴をExcelへ。GASでGmailからデータを抽出して経理。 | EX-IT

ずばり経理効率化になっているのは、
・レシートを読み上げ、音声認識入力で、Googleスプレッドシートに反映されたデータを仕訳形式にする
という使い方です。

音声認識経理で売上・経費の重みをより感じる方法。Googleアシスタント&GoogleAppsScript & Googleスプレッドシート | EX-IT

設定がそれなりに大変であり、AIスピーカーが必要となりますが、おもしろい使い方ではあります。
どうしても入力しなければいけない場面はあり、それをちょっとでも楽しく、楽にする工夫です。

GASは、Excelマクロとは、また言語が違います。
経理効率化でいえば、Excelマクロを使う場面が多いので、まずはExcelマクロから学んでいくのがおすすめです。

上記に挙げた事例は、そのまま使えるので、まず導入してみてもいいかと思います。
ひとまず効率化して、その意味はあとで考える、学ぶというのも大事です。

 

by
関連記事