税理士は脱税するのか

いろいろ知っている税理士、自分自身、脱税をするのかどうか、かんがえてみました。

 

脱税のリスク

脱税した場合のリスクは、バレた場合、罰金を払わなければいけないということです。

故意に隠したとなれば、追加で払う税金の35%もの罰金(重加算税)となります。
大きな痛手でしょう。

また、税理士が脱税した場合は、資格剥奪(業務禁止)ということもありえます。

税理士の脱税

過去にも税理士の脱税はあります。
税理士も人の子。
脱税したくなるのかもしれません。

ただ、必ずしも資格剥奪とはならず、業務停止(1ヶ月〜1年)となるケースも。
税理士で脱税となると、業務禁止(資格剥奪)でもしかたないと思うのですが……。

ただ、業務停止でも、毎月仕事をしているわけで、非常に困ります。
それでも脱税するということは、それだけ魔力があるということでしょう。

そもそも脱税とはなにか?をまとめてみました。

 

脱税とは?

脱税とは、主に
・売上を隠す
・存在しない経費を入れる
といったものです。

売上を隠すことは、「所得隠し」と言われます。

脱税、つまり税金を払わなければ、多くのお金が残りますので、その誘惑があるものです。
禁じ手として「脱税しない」と固く決めておきましょう。

・大きな利益が出たとき
・臨時収入があったとき
こそ気をつけるべきです。

私も気をつけます。
(大きな利益も臨時収入もそうそうないでしょうが)

怖いのは、
・知らずに「脱税」になってしまった
・経理がずさんで、「脱税」になってしまった
というようなケース。

売上、経費を記録する経理は、やはり大事です。

節税
井ノ上陽一税理士事務所 | 経理効率化・DX・Excel・IT・RPA
タイトルとURLをコピーしました