交際費はいくらまで使っていいのか

交際費はいくらまで?交際費の限度は?と聞かれることがあります。
いくらまでという限度はありません。

 

交際費はいくらまで?ってのはあるか

交際費はいくらまで使っていいか、いくらまでしか使っちゃいけないというルールはありません。
いくらでも使っても税金上はとがめられることはないのです。

その内容が、経費として適切ならば。
プライベートのものや、ましてや架空のものは当然ダメです。

ただ、交際費は税金の対象になります。

交際費は税金の対象

中小企業の場合、年800万円をこえた部分の交際費は経費になりません。
たとえば、年1000万円なら、200万円は、税金の対象。

税率が30%としたら、200万円×30%の60万円の法人税がかかります。
結構大きい金額です。

年800万円をこえないようにしたいものですが、必要ならばしかたありません。

その交際費が必要かどうか

税金の原則は、「税金で行動を変えない」。

交際費が必要ならば、税金がかかろうとかかるまいと、使うべきです。

ただ、その交際費が本当に必要かどうか。
多額の交際費を使ってまで、その売上が必要かどうかは考えておいたほうがいいでしょう。

コロナで会食がなくなった(減った)今、交際費のあり方を見つめ直すチャンスです。

会食やゴルフは時間もかかるもの。
時間とお金をかけてまでそれが必要かどうかも考えましょう。

もちろん、必要ならば、しっかり使ってかまいません。
税金がかかるかどうかは、結果論ですから。

by
関連記事

    関連記事はありません