ひとりカフェは、経費になるのか

ひとりでカフェに行った場合、経費になるのかどうか。
考え方をまとめてみました。

 

カフェで打ち合わせは経費になる

カフェでお客様と打ち合わせをしたものは経費になります。
「交際費」としてしまうと、税金がかかる可能性があるので、別の項目「会議費」にしておくといいでしょう。

会計ソフトによっては、この「会議費」がない場合もあるので、そのときは新規に項目(勘定科目)をつくりましょう。

もし、そのカフェにひとりで行って仕事をしたときは、経費になるかどうか。
答えは、経費になります。

 

ひとりでカフェに行ったときは

ひとりでカフェに行き、場所を変えて、アイデアを練ったり、パソコンで仕事をしたりすることもあるでしょう。
そのためにカフェ代がかかったら、もちろん仕事に必要な経費です。

「会議費」として入れておくといいでしょう。

私の場合、ひとりカフェと打ち合わせを分けるため、
・ひとりカフェ→会議費
・打ち合わせ→打ち合わせ費
として、経理し、決算書では、合算して「会議費」にしています。

自分の把握のために経理上は科目をわけるのです。
こういう方法もあります。

ただ、このひとりカフェ、説明は必要です。

「ひとりでカフェ」が仕事という説明が必要

だれに説明するか。
・税理士
・経理担当者
・税務調査時の税務署職員
です。

「ひとりでカフェにいくなんて、休憩でしょ?」
「仕事なんかしてないでしょ?」
「複数人ならともかくひとりなんて!」

と思われる可能性はあります。
「回数が多すぎる!」ということも。
(1日に2箇所、3箇所にいくこともあるでしょうし)

その本人が、ひとりカフェをしたことがないなら、なおさらです。
仕事は会社でやるものというのが多数派ですので、説明はせざるを得ません。

経費は、この説明、つまり経理にする理由も必要なのです。
証拠(レシート)だけあれば、なんでも経費になるわけではありません。

自分が経費と思うものは、丁寧に説明しましょう。

by
関連記事