領収書に日付がなかったらどうするか

もらった領収書に日付がない場合、どうするか、まとめてみました。

領収書に日付がないとどうなるか

領収書をもらって、そこに日付がないと困ります。
「本当にその日に使ったのですか?」と聞かれた場合、その証拠がないからです。

しかしながら、日付がないからと言って、その経費が認められないわけではありません。
領収書を捨てないようにしましょう。

領収書に日付がない場合の処理

領収書に日付がない場合は、もうしかたありません。
正しい日付で、会計ソフトに入力しましょう。

日々経理をしていれば、その日付がわかります。
(前日ですので)

もし、まとめて経理をしていると、その日付は定かではない場合もあるでしょう。
そういう意味でも、日々経理をしておきたいものです。

領収書に日付がない場合、やってはいけないのは、自分で書き入れること。
これだけはやらないようにしましょう。
偽造となりかねませんし、その疑いを持たれるようなことはしないほうが得策です。

そして、領収書を確認するクセをつけましょう。

領収書を確認するクセ

領収書をもらう場合(レジから出す場合も含めて)、
・日付
・店名
・金額
・内容
があるかを確認しましょう。

この点でいえば、レシートは安心です。
これらのものが、ほとんどの場合ありますので。

領収書よりレシートのほうが証拠能力は高いということです。

by
関連記事