もう1社つくると節税になる?

もう1社つくるという節税手法があります。
ただ、実際にやるかどうかはよく考えましょう。

 

会社を増やすと節税?

会社をもう1つ増やすと節税になるかどうか。
聞いたことがあるかたもいらっしゃるかもしれません。
実際にそうしているケースもあります。

大企業だと、案件、製品ごとに会社をつくっていることも。

会社を増やすのは、理屈的には、節税になります。

所得800万円超で税率が変わる

会社を増やすと節税になる理由は、1社あたりの税金が、その会社の所得=利益によって決まるからです。
年800万円を境に税率がかわります。

法人税は、
・年800万円までは、15%
・それを超える部分は、23.2%
で計算します。
(これにともなって、地方税も計算します)

所得が年1600万円なら、1社だけよりも、
・800万円
・800万円
と2つの会社にしたほうが、どちらも15%で済みます。

結果的に合計の税金は減るのです。

ただ、もちろんデメリットもあります。

 

会社を増やす手間との天秤

会社を増やした場合、
・会社をつくる費用
・代表は誰がやるか
・売上や経費をどうわけるか、わけられるか
・経理を2社分やる手間
・経理を代行、税務申告を代行している場合、そのコスト
などといった手間やコストがかかります。

節税額とこの手間を比べてどうか?という話です。
多くの場合、「じゃあ、やめておこう」とおっしゃいます。

「税金で行動を変えない」という原則どおり、節税になるというだけで会社を増やさないようにしましょう。

 

そういえば、○社経営しているというと、かっこいいかもしれませんけど、うさんくさい人で「○社経営している」という方が多いので(ときおりみかけます)、ネガティブなイメージもあるかもしれません。
ちなみに、私は1社です。

 

節税
井ノ上陽一税理士事務所 | 経理効率化・DX・Excel・IT・RPA
タイトルとURLをコピーしました